ファミリーメディカルチェア ルピナスショルダー

業界初!左右独立型人工知能 肩メカ登場!

肩のコリを解消するプロの手技を実現

肩の筋肉には[つかみもみ]

肩の僧帽筋(そうぼうきん)は分厚く大きな筋肉なので、手で掴んだ状態のままもむ「把握揉捏(はあくじゅうねつ)」という手法で、筋肉の表面だけで無く奥まで力を伝えてもむのがポイントです。

ルピナスショルダーの「左右独立型 人工知能 肩メカ」はこれまでのメカでは出来なかった、肩の「把握揉捏」を実現しました。

肩のもみ方の基本

肩の筋肉「僧帽筋」はヨコ方向の筋肉なので、上からつかむようにもむ必要がある。

背中のもみ方の基本

背中の筋肉「脊柱起立筋」はタテ方向の筋肉なのでヨコ方向にもむ必要がある。

肩のこり解消に効果的な[ストライクゾーン]

「ストライクゾーン」とは、肩のこり解消に重要な3つの指圧点が集中する肩周辺のスポットのことです。

ルピナスショルダーの「左右独立型 人工知能 肩メカ」は、どのような体系の方でもこのストライクゾーンを捉えることができ、まるで人の手のように、「気持ちいい」と感じるマッサージを実現しました。

ストライクゾーンマッサージの気持ちよさ 74%が実感!

マッサージのプロ松浦氏と肩こり研究所の共同開発により実現しました。

※1 マッサージチェアとウェアラブルデバイスを使用して身体情報を365日・24時間クラウドで監視。その身体情報から未来像を予測後アドバイスを表示し、人工知能システムを搭載したマッサージチェアで施療。また、複数ユーザーと身体情報を共有する点。

※2 2017年5月 当社調べ。(n=116)

ルピナスショルダーの製品仕様についてはこちら →

次へ

カタログはこちら

ページ上部へ戻る

当サイトに掲載されている内容の無断転載、画像、音声、映像の無断複製・転用を禁じます。