ルピナスやスマートに搭載された、最先端マッサージ「⼈⼯知能メカ」とは

マッサージチェアのメカに「⼈⼯知能」を導入することになったきっかけ

⼈の体型は、年齢・性別によってそれぞれ異なります。体型が違うように、筋肉の大きさや硬さ、コリや疲れの状態も人それぞれ、その瞬間瞬間で異なります。

1⽇の過ごし⽅で疲れや体のコリの状態は変わりますので、朝気持ちいいと感じたマッサージが夜には痛いと感じることがあります。

マッサージチェアで施術の効果を⾼めるには、その⼈のその瞬間の状態・部位に合わせて【気持ちいいなぁ】と感じるマッサージを施術することが⾮常に重要です。

業界初︕⼈⼯知能メカとは

人工知能システム
  1. 「アジャストセンサー指圧点自動検索システム」により全身の指圧点を検出
  2. 骨格を検知
  3. 筋肉の形や大きさを検知
  4. 筋肉の疲労による硬さを検知し、もみ玉の負荷に応じてもみ玉の動く速さをコントロールするため最適な強さ・最適な時間での施療を行う。
ai_01ai_02ai_03

筋肉の硬い部分(凝っている部分)に対しては、ゆっくりと長い時間施療したり、もみきらずに掴んで離すといった施療を行ないます。
筋肉の柔らかい部分に対しては、すばやくリズミカルな施療を行います。

部位によって異なる筋⾁の⼤きさ、またコリや疲労によって異なる筋⾁の硬さを⼈⼯知能が認識し、もみ技を変化させます
ai_04

身体の表面にあるアウターマッスルに対しては、大きくダイナミックに速く揉みます。
身体の深層部にあるインナーマッスルに対しては、小さくゆっくり揉みます。

コリ固まっている深層部を深くゆっくり揉みほぐして、コリがほぐれ筋⾁が柔らかくなると表⾯を⼤きく速く揉みます。

筋肉の大きさや速さに合わせたもみ方をする事で、その瞬間の気持ちよさを実現します。

 

人工知能搭載のメディカルチェア

  ai_08

 

bn-shops-listbn-taikan

 

 

サイト内検索

ページ上部へ戻る